賃貸アパート経営が世代を超えた資産形成につながる

賃貸アパート経営で所得税の節税ができる

賃貸アパート経営をしてみたいと考えている人が増えているようですが、賃貸アパート経営のメリットを考えてみるとうなずけるかもしれません。アパート経営を行うことによる所得は不動産所得になりますが、土地等の固定資産税を経費にできることや、万が一赤字になった場合に、給与所得等の他の所得から差し引くという損益通算が使えます。その結果、所得税の節税ができるというメリットがあるでしょう。所得税が節税できれば、資産形成に有利になるはずです。

賃貸アパート経営で安定した収入が得られる

賃貸アパート経営によって、安定した収入が得られるという点も大きなメリットと言えるでしょう。空室でない限り、長期間にわたって賃貸料が入ってくることになりますし、その賃貸料の変動もそんなに急激に変わるリスクは少ないと言われています。現役世代であれば、給料以外の副収入として、老後世代であれば年金にプラスアルファできる収入として大いに助けになるでしょう。資産形成に有利という点が賃貸経営の魅力といえるかもしれません。

賃貸アパート経営は相続税の軽減にも役立つ

賃貸アパート経営は、世代を超えた資産形成に役立つこともメリットです。現金預金を持っている状態で相続が発生すれば、その全額が課税対象となりますし、土地を更地で持っていると路線価等の自用地としての評価で課税されることになります。しかし、その土地にアパートを建てることによって、現金を不動産に変えることができ、さらに居住用の土地ということで相続税の評価額が下がることになるのです。結果として相続税の軽減につながりますので、次世代に多くの財産を残すことができるかもしれません。

帯広の賃貸マンションで快適に暮らしたいなら、必ず内覧をして、水回りの設備や日当たりについてチェックすべきです。