投資としてのマンション購入方法の基礎知識

マンション投資をする場合場所は大事

マンションを購入してそれを売るかあるいは人に貸すことで収益を得る人がいますね。マンションによる投資です。この投資はマンションの価格が上昇すれば大きな利益を上げることも可能なのです。例えば、2014年頃に起きた都心部の湾岸沿いのマンションの値上がりは記憶に新しいですね。オリンピックが始まることが決定してオリンピック会場の近くである湾岸沿いのマンションが値上がりをしたので、そのマンションを値上がりする前に購入しておき、値上がりした時に売れば大きな利益になるのです。

マンションの値上がりを予想するのは熟練の技が必要

マンションが上手いこと値上がりをすれば特に言うことはありませんが、実際にはそう簡単に行かないのが投資ですね。マンションは新築の時には値段がピークになり、その後だんだんと落ちて行くのが普通です。世の中の流れで予想できることもありますが、全く違うことで値段が上がったり下がったりすることがあるので気をつけなくてはなりません。下手したらネタ全財産を失います。マンションの価値が上がるのを予想するのは熟練の技であり、運も必要なのですね。

マンションが増えれば価値が下がる

マンションは築年数が増えるのと反比例してマンションの価値が下がっていきます。特に、そのマンションのすぐ近くに新しくて最新設備が整ったマンションが出来てしまえば賃料や売却価格を安くするしか勝ち目はありませんね。また、人口減少も考えないといけません。今後この国の人口はさらに減少していきますので、マンションが増えるばかりでは価値が下がる一方ということになりますね。ですが、マンションの価値を上げる方法はあります。それはリノベーションをして魅力あるマンションにすることです。

新築マンションの購入を検討する際に何を重視するかは、人によって違ってきますが、耐震性や災害への備えも重要視されます。